본문 바로가기
  • Home

일본국내의 ‘죽도’ 영유권을 둘러싼 갈등 구조― 고등학교 학습지도요령 해설서를 둘러싸고 ―

Choi Jang-Keun 1

1대구대학교

Accredited

ABSTRACT

本稿は現在多文化、多民族社会に入った日本社会の中で最も大きな外国人集団である在日コリアンの祭りとマダン劇を分析対象にする。先行研究としては在日コリアンの祭りについて2000年以後から日本国内では少しずつ行われている状況である。しかし、韓国国内ではほとんど見当たらない状況である。更に在日コリアンの祭りの中で行われるマダン劇についての先行研究は全然見当たらなく、研究がまだ始まっていないといってもかまわないほどの状態である。このような状況の中で本稿は在日コリアンの最初の祭りである生野民族文化祭を分析対象にする。 分析で用いる概念は場所性、ローカリティー、他者そして、カーニバルである。場所性に基づいて、どうして大阪市生野区で最初の在日コリアンの祭り(生野民族文化祭)が形成されたのかを論じ、また、それをローカリティー、他者と関連づけて、その空間の境界地としての新しい文化の発散の可能性を認めた。そして、マダン劇についてはバフチンのカーニバル理論を用い分析を行った。その結果、マダン劇はカーニバルの上下の転覆性が十分認めることができた。更にマダン劇は在日コリアンだけではなく、日本人にも多文化に接する機会を与えていた。以上のような点から在日コリアンの祭りとマダン劇は意義深い文化要素の一つであることが十分認められると考える。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.