본문 바로가기
  • Home

가게키요 관련 일화 고찰 -「측근의 배신」일화를 중심으로-

Kim Mi-Ok 1

1고려대학교

Accredited

ABSTRACT

本稿で取り上げる「景清」は、『平家物語』で平家の侍の一人として登場するが、以後多くの作品で主人公として登場し、幸若舞曲『景清』においては、平家残党の集約体として登場している。これらは後に「景清物」と呼ばれ、日本全国に景清に関する伝説も残されている。このように、平家の一人の侍に始まり、後に平家残党の集約体を象徴する人物として登場するという、景清の描かれ方の変化が、なぜ生まれたのかという疑問は、景清に関する多くの研究を生み出した。これに関する日本での研究は、大きく二つの流れに分けることができるが、それは民俗学的方法を通した景清の研究と『平家物語』に現れる景清の研究である。また、このような流れとは関係なく、中国の忠臣らの名前が論じられることもある。その中で『平家物語』を通した研究中北川忠彦は覚一本『平家物語』に現れた一定の侍の羅列が景清が平家残党の集約人物として登場するためだと主張した。その他にも星野貴志は『平家物語』に登場する平家残党の話が景清と混同されることが多いが、これは固定化されなかった平家残党の話が景清につないたものと結論を結んでいる。だが、これら研究は『平家物語』伝本の中で「当道係」である語り物系だけを考察したり、「当道係」である語り物系と「非当道係」である読み本系で見えるエピソードが景清に混同された可能性を示唆して平家残党の集約人物で景清を相定して具体的で写実的な論証を避けている。これに本稿では『平家物語』だけを通じては景清を平家残党の集約体として想定するのは多少無理があると考えて、景清が平家残党の集約体に描かれている幸若舞曲『景清』に現れたエピソードらを通じてこれを証明しようとする。すなわち平家の復讐源頼朝の暗殺試み、側近および情人の裏切り、牢破り、観音の身代り、源頼朝の赦免、景清の両眼抉り等に関する史料を考察する必要性があると考えた。このようなエピソードの中で「平家の復讐源頼朝の暗殺試み」に関するエピソードに関しては拙稿を通じて『平家物語』だけを通じて景清を平家残党の集約体として見るのは多少無理があると記述した。このような流れ中で『平家物語』の景清と平家残党関連のエピソードである、側近および情人の裏切り、観音の身代りの中で「側近および情人の裏切り」についての史料を調査することで次のような結論を出すに至った。このように『平家物語』に現れる伝本の成立時期とジャンルが違いにもかかわらず、「側近および情人の裏切り」のエピソードは越中次郎兵衛尉盛嗣という人物で一致を見ていたし、一定の内容の流れも持っている。このような流れの中で記述された『平家物語』の伝本は部分的に差異点もあったが、盛嗣を景清で混同するほどの相違点ではないということである。言い換えれば、『平家物語』と記述された景清を平家残党の集約体として想定することは無理があるというもう一つの反証といえる。また、景清を平家残党の集約人物で想定されたことは他の理由があるという証拠でもある。これについては次の研究課題として引き続き研究していくようにする。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.

This paper was written with support from the National Research Foundation of Korea.