본문 바로가기
  • Home

In "Ghost story Botandoro" 'Possession' and change its meaning

  • 日本硏究
  • 2011, (31), pp.298-313
  • Publisher : The Center for Japanese Studies
  • Research Area : Humanities > Japanese Language and Literature
  • Published : August 20, 2011

한성민 1

1고려대학교

Accredited

ABSTRACT

"怪談牡丹灯籠"は1861年落語家の三遊亭円朝により創作された作品で、"剪燈新話"の「牡丹燈記」からの影響があるものの、作家の独創的な想像力が付け加えられ、新しく生まれ変われた作品である。初めは落語の為のものであったが、1884年(明治17年)には速記本で製作された。創作から刊行まで、その間には明治維新という大きい変革期があり、江戸幕府から明治新政府へ乗り移る政治的·社会的の変化が行われるようになった。「富国強兵」「文明開化」という目標の下で、社会に強力な改革政策が行われ、この雰囲気は芸術の全判的な活動にも影響が届かれた。欧米からの合理主義の精神が台頭され、怪奇·怪異という怪談の特徴は貶され、それを克服するための方向性の転換が必要になった。それで、"怪談牡丹灯籠"の「憑依」というものがどのように表現されていて、それが近代社会の形成というプロセスの中でどのように意味変化が行われているのかについて考察してみよう。"怪談牡丹灯籠"の憑依談はつぎのようである。伴蔵とお峰は元々仲よい夫婦であったが、生活が段々豊かになってから、伴蔵は贅沢な生活を願い、他の女に目をそらすと、お峰は伴蔵の過去の悪行を暴露すると脅かす。そうすると、伴蔵は自分の秘密を知っている雄一の人であるお峰を殺す。旦那に対する仇討ちに、「憑依」という方法をお峰は選ぶ。自分が暮した「家」という一番親しんでいる場所で、店で働いている店員の体を借りて、伴蔵の悪行を暴露する。このようなお峰の「憑依」事件で注目したいのは強い執着という部分である。普段、執着というものは強迫観念による場合が多いそうだ。女の人や家内として、本妻の位置を脅かされた危機感から自分のものを守ろうとする強迫観念が執着に繋がれ、「憑依」として表出されているのである。でも、逆に言えば、この全てが伴蔵の強迫観念のせいかもしれない。続いている殺人や悪行で不安と罪悪感が重なり、そこから生じた強迫観念により、お峰の魂が店員に憑依されていると考えるようになったろう。このような解釈のできるのは近代初期という時代的な変化とそれに応じた動きが反映された結果だと言える。明治維新の変革期を経て、知識人と文化人を中心に啓蒙運動が進められた。この過程の中で、「憑依」は「精神病」「脳病」という西洋の医学の立場から新しく意味付けされるようになった。伴蔵の強迫観念によった精神病であったかもしれない「憑依」現象は「家」という私的な空間に隔離され、空間の中に綴じ込まれた怪異は娯楽の趣向に変わる。則ち、過去の観念·信仰的だった恐怖が制限的で娯楽の趣向の恐怖に変化しつづいているのをわかる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.