본문 바로가기
  • Home

한․일 담배 브랜드명의 명명 메커니즘

  • 日本硏究
  • 2012, (32), pp.133-149
  • Publisher : The Center for Japanese Studies
  • Research Area : Humanities > Japanese Language and Literature
  • Published : February 20, 2012

윤사연 1

1한림성심대학

Accredited

ABSTRACT

名前とは、生活の中で使われる言語が時代的及び文化的な影響を鋭く反映させた総体的な言語の結果物であると言える。多様な分野の名前の中で特に製品のブランド名は、今日の製品に対する属性の伝達と他製品との区別という役割だけではなく、製品に対する無形的な価値をも高める役割をするため、当然のごとく重要視されている。また、一つのブランド名は過去から今日まで続いて生成されており、ブランド名の命名考察は通時的な言語の考察として十分な価値があると判断される。本稿では煙草のブランド名を研究対象にし、命名メカニズムを考察してみる。まず、言語的な側面からのメカニズムは、煙草のブランド名を構成する色彩名、自然名、記念名に分類し、その役割を分析する。また構造的な側面からは、煙草のブランド名の言語の一定のパターンによる効果に対して調査する。また、煙草のブランド名の命名メカニズムを分析する過程で他製品のブランド名の相違点と煙草のブランド名の通時的な考察を通じ、時代の多様な側面を行ったことにも本稿の意義がと思われる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.