본문 바로가기
  • Home

다매체 시대의 일본문학 교육방법론

Chong-Hee Lee 1

1위덕대학교

Accredited

ABSTRACT

本論は、今まで教育現場で行われている日本文学の教育方法についての考察である。文学は特に誰が教えるのか、によって変数が大きい学問である。例えば、教材の選択も担当の先生によって違ったりする。また、学習者たちに文学は難しい、面白くない、文学を何のために研究するのか、と言われるようになってきた。文学は人文学の危機という雰囲気のなかでその立場が狭くなってきた。 筆者は20代に文学への情熱とともに文学に人生をかけた。今は大学の学習者から文学への情熱を見つけることができなかった。このような教育環境から、文学の重要性を学習者たちに伝えたいと思い、文学教育の方法を模索することになった。 たしかに、文学も講義室で文学を教えるとき、それに当たる教授法があるはずだろう。また、マルチメディア時代には文学教育方法も様々な形をもって進化していくだろう。多様なメディアテキストを利用して文学教育に活気を呼び起こしたい。 まず、文学教育と言語教育が同時に可能なドラマ/映画のテキストを利用する。筆者は日本の名作をドラマ化したドラマテキストを利用して、大学の<映像日本文学鑑賞>という授業を進行している。学習者たちの参加率も高いし、文学作品を、短い時間内に理解するのによい材料である。さらに、漫画やCDといったメディアテキストを利用して、より面白く、活気のある文学授業ができるようにする。   結論としては、このようなメディアテキストの教材化の方案を提起してみた。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.