본문 바로가기
  • Home

일계인(日系人:닛케이진)디아스포라: 초민족공동체 형성과정 연구

Youngeon Yim 1

1전남대학교

Accredited

ABSTRACT

本研究の目的は超国家時代日本の生活世界の中で注目されてきた日系アメリカ人ディアスポラの初期移住史と民族共同体の形成過程を探ることである。したがって、日本近現代移民史の中で日本移民者たちがどのようにしてハワイとアメリカの西海岸に集中してきたかについての移住の諸要因を分析し、現地日系人共同体の在り方がどのような過程を通して形成されたかを歴史的な観点から分析を行った。 全体的な研究の結果をまとめれば、次の通りである。 第一に、1885年から明治政府が推進してきた移住政策である'官約移民'によって日本人のハワイ移住が急激に増加した。1900年代に入ってからハワイではアメリカ大陸への日本人の進出に対する脅威を覚えた白人たちによって'黄過'と'排日法案'によって日系人は差別と蔑視をうけることになる。しかし、日系人共同体はこのような排日運動の共同対処方案の一つとしてサンフランシスコで'在米日本人連合協議会'を結成し、ワシントン州でも'日本人会'が結成され日系人共同体の強靭な団結力を見せた。 第二に、1941年代日系人の強制収容所の収監と1988年日本系アメリカ人市民連盟(JACL: Japanese American Civil League)の主導で市民法案(Civil Liberties Act)が成立し、日系人たちは収容所でアメリカ人であることを強要される脱民族化(de-ethnification)とJACLの補償運動で促進された日本人としての再民族化(re-ethnification)を経験する混乱期を迎えた。 第三に、1988年立法化された市民法案、すなわちアメリカ政府に対する強制収容補償運動における勝利は日系アメリカ人民族共同体が日本系という共通の収容所経験と市民運動を通して新たに体現された共同体を創出させた。これは日系人共同体が脱民族化と再民族化の過程を通してアメリカの中の小さい日本であると同時に第3世界の日本である超民族化(trans-ethnification)形態の民族共同体を形成したことを意味する。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.