본문 바로가기
  • Home

日本の言語文化教育学に関する研究

류경자 1

1상명대학교

Accredited

ABSTRACT

言語文化教育を「学」として体系化しかつ自律させることが「言語文化教育学」であるとするならば「言語文化教育学とは何か」というテーマは言語文化教育にかかわるもの一人一人にとって生涯のといであるといえよう。本研究では、言語文化教育と言語文化教育学関係について「教育実践=研究活動」とする見解を述べた上で、言語文化教育学の新しい方向性とその確立をめぐって、最近の日本文化教育のパラダイムの転換の発想として注目されている言語活動の環境設計論、ラグパロール往還文化論に対する体系的な考察を試みた。こうした考察を経て、新しい言語文化教育学の構想が、人間と人間が関係とを取り結ぶためのコミュニケーション環境をつくるための言語活動環境設計と文化は互いに関係しあうことで動態的で多様なあり方であるというラングパロール往還文化論についての理論的な考察を行い、その実現のための、実践研究を通した教育実践の開示と議論の必要性について述べた。今後の韓国の日本語教育における言語文化教育の方法改善の上では、本研究に示されている面がとくに重視されなければならないと思われる。本研究では、研究対象の外におかざるをえなかった、韓国の言語文化教育学の理論の体系化、統合化については、今後の課題としたい。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.