본문 바로가기
  • Home

A background and a meaning of "Neo-Japanesque(新日本樣式)"

  • 日本硏究
  • 2011, (30), pp.7-26
  • Publisher : The Center for Japanese Studies
  • Research Area : Humanities > Japanese Language and Literature
  • Published : February 20, 2011

ParkJeonYull 1

1중앙대학교

Accredited

ABSTRACT

2005年から2008年まで3年にわたって展開した新日本様式キャンペーンは民間の協議会が主導する事業に標榜されたが、実際では経済通商省が主導した国家ブランド事業の一つだった。新日本様式キャンペーンは実際に世界市場で商品とサービスの提供などを通じて活動している産業界だけではなく文化、メディアを含めた多様な分野で意見を集約しながら一定の成果をおさめたことと評価されよう。「Made in Japan」というブランド戦略を修正してハイクオリティーな品位のイメージの伝統文化を先端産業と融合させる商品を求めるキャンペーンは自国の文化を活用した商品の差別化戦略でもあった。日本はここに止まらないで、2007年からは感性価値創造にイニシアティブを握ろうと新しい政策を提案した。既存の高機能、信頼性、低価格でる長所に第4の価値軸である感性価値を経済成長動力の一つで取り入れ始めたのだ。景気低迷の長期化の脱出方式で新日本様式を提案したが、その成果には限界があったことを認め、新しい政策を提案する日本の努力をライバルの国韓国に大きい示唆を提供してくれることに間違いないと思われる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.