본문 바로가기
  • Home

<부름> 받은 여자들 - 최정희의 「幻の兵士」와 사타 이네코의 「気づかざりき」의 ‘응답’ 

명혜영 1

1전남대학교

Accredited

ABSTRACT

文学者たちが自由にものを書けない1940年代に発表された、チェ・ゾンヒの「幻の兵士」と佐多稲子の「気づかざりき」には、国家より呼びかけられた女性たちの’応答’が描かれている。「幻の兵士」の英順は日本兵の山本に恋をし、「気づかざりき」の昭子は見合い相手の現役兵に恋をする。こうして作品の根底には、ロマンチック・ラブが複線として敷かれている。女性たちの恋の相手である二人の兵士はすでに、’国家’のために命を捧げる覚悟の人たちである。そのため、彼らは恋人より国家が最優先で、恋愛は二の次なのである。しかし二人の女性は、真のロマンチック・ラブを実行しているため、彼らが生きて帰ってくることを望む。このような仕組みを細かく読み取っていかないと、表面上の内容だけでは、あたかも戦争に協力している作品として読んでしまいがちである。1940年代に発表されたチョ・ゾンヒの「幻の兵士」と佐多稲子の「気づかざりき」からは、当時の文学者たちが避けて通れない苦渋に満ちた’ある選択’を読み取ることができる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.