본문 바로가기
  • Home

일본의 삼림자원 활용전략에 관한 연구

유기준 1 Jee, Jin-Ho 2

1공주대학교
2건양대학교

Accredited

ABSTRACT

日本での森林に対する認識は、単に木材とそれに関わる製品を生産する資源の供給源としての役割だけでなく、森林体験型観光、森林体験教育プログラム、森林セラピープログラムなど、環境メッセージ性のある新しいプログラムが営まれる場所として開発されている。 このような政策は森林環境教育という新しい教育活動を通じて、森林に対する包括的で総合的な認識のきっかけをつくり、森林を健康増進と疾病の治癒に生かして、国民の健康増進福祉政策の実現空間としての活用と繋がる。 本稿の研究地域での森林活用戦略は、森林体験型総合教育プログラムと森林セラピープログラムをもって運営されているが、個人の性格と被体験者の特性を考慮し、多様なプログラムを営んでいる。また、森林体験の利用を促進するために、地域に関する多くの情報の発信戦略をとっており、市町村と関連組合、民間、NPOなどが連繋する推進体制の構築と、短·中·長期計画を立てるなど、体系的な努力を傾けている。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.