본문 바로가기
  • Home

日本의 文化的 特徴이 基督教 成長에 미친 影響研究

Youngeon Yim 1

1전남대학교

Accredited

ABSTRACT

本研究の目的は解放前後なぜ日本教会が停滞しているのかについて注目している。既存研究によれば、日本キリスト教の停滞の要因は単一民族中心の天皇制度、多神教主義、豊臣秀吉や徳川家康政権の宣教師追放令以降約300年間続けられたキリスト教弾圧政策などが挙げられる。しかし、本研究ではこのような日本の伝統的な思想や迫害政策よりも主に解放前後日本教会の文化的な特徴である日本キリスト教リーダーたちのの清貧思想と質的成長の強調が日本クリスチャン及び牧師たちの思想に影響を及ぼし、日本キリスト教の停滞に繋がったのではないかという仮説に焦点を当てている。  まず、質問調査結果によれば応答者個々人の文化的な特徴とキリスト教の成長との回帰分析を行ったところ年齢、在職期間、奉仕時間、定期献金、教会の成長可否などが日本人のイメージ、韓日宣教支援展望、韓日宣教協力希望などと相関関係であった。分析結果を見れば、日本教会内で活動している若い韓国人青年ほど日本人のイメージについて肯定的であった。また教会内で在職期間が長く、定期献金の金額が大きい信者ほど韓日宣教支援を希望し、奉仕時間が長い信者ほど韓日宣教協力を積極的に希望していた。この結果は韓日教会内において基本的なクリスチャン個人の文化的特徴である奉仕時間や定期献金に対する認識が韓日キリスト教の成長と停滞に影響を与えたと考えられる。  インタビュー調査では、解放以後日本キリスト教リーダーたちによって強調された清貧思想と小さい教会中心の質的成長の強調が教会の停滞要因であったと考えられる。  結論的に、韓国の物質的祝福や量的成長、あるいは日本の清貧な生活と質的成長の強調からくる文化的な差を克服するためには日本人の文化的な感性を尊重しながら韓国人の高い霊性を活用できる長期的な戦略が必要であろう。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.