본문 바로가기
  • Home

시텐노지왓소와 在日코리안文化의 役割 研究

유기준 1

1공주대학교

Accredited

ABSTRACT

四天王寺ワッソ祭りは在大阪コリアンの祭りとして始まったが、現在は大阪市民の祭りとしてその性格が変わりつつある。四天王寺ワッソ祭りはこのような市民祭りとして生れ変わるために、ワッソの国際性、市民性、社会性、未来性の4つの方向性を掲げた。また、古代の交流から示唆点を得り、地域交流、国際交流、世代交流、青少年交流を通して、お互いの融合と共生を目指している。こういった目標の円滑な運営のために、四天王寺ワッソアカデミを設置し、ワッソの内容についてあらかじめ習得できる場を作り、日本の地域だけではなく韓国の関連祭りとも交流し、また、お祭りの進行を市民のボランティアを中心にしている。 在日韓国人は、四天王寺ワッソ祭りをもって少数者文化の閉鎖性から脱し、公的の場所で民族文化を公演することで、自らのアイデンティティの確認を試みている。また、日本人も古代衣装を着てパレードに参加することを異国文化に接する機会と思い、大阪は単に民族祭りの舞台であることにとどまらず、この祭りを通して大阪そのものが変容していくと思っている。つまり、大阪の人々は日常生活のなかに異なる文化を持つ人々がいること、そして、それが重要な価値もつことを自然に認識することによって、大阪のイメージを多文化共生の国際的な都市としての質的な変化を齎している。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.