본문 바로가기
  • Home

藤村におけるキリスト教の意義

Im, Sung-Gyu 1

1백석대학교

Accredited

ABSTRACT

作家藤村の明治期におけるキリスト教の影響と、キリスト教への接近と離反を通して、藤村の苦悩・葛藤の文学的意味を各作品に即して明らかにする。西洋近代思潮・ルネッサンスとしてのキリスト教の受容、近代精神による自我の目覚めは、古い道徳・価値観に支配されている社会との衝突を呼ぶ。藤村が近代精神と古い道徳・価値観とどういう対決をしたかを明らかにしていきたい。藤村が積極的に父を思い出したのは、「いきながらの地獄」からぬけだしたフランスの旅からである。藤村は〈新生事件〉によるフランスへの旅を単なる脱出行ではなく、求道者としての贖罪の旅と思い、自己の再生の転機をひたすら求めていた。第一次世界大戦のただなかに、祖国と民族のために戦死したフランス人に愛国心を見、戦後のパリの復旧を目のあたりにする。そこから再生、死の中から持ち来す回生の力を感じたのである。回生の力は「新生」への道へ導くことになるが、同時に、生の肯定は、日本への回帰をも導く。新たに日本を顧みる機会を得たことになる。つまり第一次世界大戦を経て、戦後のパリの復旧という目覚ましい動きの中でフランスの「傳統の回復」を目のあたりにしたことが、「傳統の回復」への新たなる自覚は、彼を日本の民族や伝統へ目を注がせることになる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.