본문 바로가기
  • Home

韓国人日本語学習者の日本語談話における 談話展開方法の特徴 談話展開方法研究から日本語教育への応用及び実践へ向けて

다나카 카오리 1

1남서울대학교

Accredited

ABSTRACT

自然談話を資料とした究はエスノメソドロジに依って展してきたエスノメソドロジストは膨大な言語デタから人の日常的な話を分析し一見無秩序であるように思われる日常話の中にも構造があることを明らかにした近年談話にする究は社言語を始めとするな究分野で盛んに行われつつあり日本語育分野においても注目されているが究結果が用的に反映されている例は少ないようである本稿の目的としては韓人日本語習者の自然談話を分析することによりその特を明らかにするとともに習者本人の習言語である日本語にする認識なども明らかにしていくこととにあるさらにその結果から談話展開方法を日本語育へ導入するための可能性について示していくこととするの究においては習者の話す日本語談話は客明累加型に類型できたが本稿では習者の話す日本語談話にも全てのパタンが見て取れたただし展開方法としては習者の特と思われる接詞等はほとんど用いずに一文一文を羅列し談話を作成するという方法が多く採られていることが明らかになったここから今後日本語育に談話展開方法を導入する場合客明累加型及び主直情型の展開方法を取り入れていく必要性が指摘でき同時に導入の時期や方法を考えていく必要性が感じられた今回の分析及び調査は統計的に行ったものではなかったため根をもって傾向をみ取ることはできなかったが今後の究及び談話展開方法を日本語育へ導入するための予備的な究として興味深い結果を得ることができ談話展開方法を日本語育へ導入するに向けて大きく前進したと考える

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.