본문 바로가기
  • Home

메타포로서의 종교 ──무라카미 하루키『1Q84』・ 오에 겐자부로『공중제비』를 중심으로──

심수경 1

1서일대학

Accredited

ABSTRACT

 本稿においては、オーム真理教事件を素材とする村上春樹『1Q84』と大江健三郎『宙返り』を論じた。10年という時間をおいて発表された『1Q84』と『宙返り』においてオーム真理教をモティーフにしているカルト宗教がどのように描かれているかを分析し、それぞれの宗教的空間の特徴を論じた。また、これらの宗教と68革命との関連性を論じ、それまでの歴史の終焉と同時に新しい歴史の創造の意味を持つ革命は、実は革命の終焉でしかなかったことを明確にした。そして、『1Q84』の柳屋敷の宗教的要素と『宙返り』における根拠地運動=ユートピア建設の宗教性を論じた。「声」と「声を聞くもの」では天吾と青豆、師匠と案内人の関係について考察した。 村上と大江はオーム真理教事件から人間内面の暗い部分、精神的恐慌などを見ており、人間の内面にある不安を究明しようとしたと言える。村上の『1Q84』における青豆と天吾は、愛と信頼によってその不安──1Q84の世界──から脱出できた。大江の『宙返り』では、これ以上神を期待せず、それまでの求道者としての生き方を捨て、人間自らの力によって自らを救おうとする人間が描かれている。 それぞれ大衆作家と純文学作家と言われる二人の作家の作品は、共に人間同士の愛と信頼、ヒューマニズムを発信していると言うことができる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.