본문 바로가기
  • Home

学術論文の文末表現に関する一考察  ー「形態」に注目してー

조선영 1 Cho, Nam sung 2

1배재대학교
2한밭대학교

Accredited

ABSTRACT

本稿は、学術論文にはどのような文末表現が多く使われているのかを、「はじめに」などの導入の章や「おわりに」などのしめくくりの章において考察したものである。文末表現を考察する際に、その前に接続されている表現までを視野にいれ、作文教育など、より実用的に役に立てるような表現リストを提示しようと試みた。 学術論文の「はじめに」と「おわりに」とに多く現われる文末表現としては、「~である」「動詞の基本形」「~ている」「~れる/られる」「~た」「~がある」「たい」「ない」などが挙げられる。そこで、上位5位までの文末表現について、どのような表現が前に来ているのかなど、形態に注目してより詳細に考察した。表現によっては、「はじめに」と「おわりに」とで、現われる様相が異なる場合もあり、その理由なども考えてみた。このようなことも含めて、論文の作成に参考にできるだろうと期待する。 今後の課題として、今回取り上げることができなかった表現や、文末表現の「言い回し」、また意味の類似した多様な文末表現に焦点を当ててみたい。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.