본문 바로가기
  • Home

『季刊三千里』の立場(2) ー金日成主義批判による北韓との決別ー

박정의 1

1원광대학교

Accredited

ABSTRACT

『季刊三千里』において、金日成主義を評して、北が言うようにマルクス主義を発展させた社会主義革命路線ではなく、ただ独裁政権を維持するために、人民に対し労働党(金日成)への奴隷化を強要するものに過ぎなく、さらに、その根本理論である主体思想のいう主体型の人間とは、奴隷化した人間を示すと結論付けている。 さらに総連に対しては、金日成主義を指導理念として受け入れることによって、在日を代表をする大衆団体としての立場を放棄し、北の公民団体に陥った。これは、総連の創立理念に反するもので、血を流し組織を守ってきた者達への裏切り行為であり、祖国統一にとって妨げでしかないと批判している。 今まで総連が『季刊三千里』の編集委員を裏切り者と罵ってきたが、ここでは反対に『季刊三千里』が総連を裏切り者と批判している。しかし、お互い裏切った対象が異っている。『季刊三千里』は北即ち金日成を裏切ったのであって、総連は在日を裏切ったことになる。そこに、『季刊三千里』と総連との対立の本質が見えてくる。即ち、「在日擁護」対「北擁護」の対立構造であったと言える。 当時、在日にとって最優先の課題が祖国統一であった。祖国統一を望む心に誰も異論を挟むことが出来なかった。その祖国統一を指導する能力を欠いた総連は、在日にとって価値がなく、また妨げの存在でしかないことになる。ここに、金日成主義批判の本質があった。 この批判は、単に総連にだけ向けられたものではない。『季刊三千里』の論調は、金日成主義を批判することによって、金日成まで批判したと言え、北との決別を宣言したものである。 以上から、『季刊三千里』の立場は、反総連を越え反「朝鮮民主主義人民共和国」と結論づけられる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.