본문 바로가기
  • Home

副詞「あらかじめ」と「前もって」の意味・用法

김영아 1

1원광대학교

Accredited

ABSTRACT

 本論は、日本語の時間副詞のうち、〈現在に対する以前の継続〉を表すもののうち、「あらかじめ」と「前もって」について実例に基づきながら、その意味・用法を考察した。その共通点をみると、「あらかじめ」と「前もって」は、「シテアル」・「シテオク」という文末表現と共起して、事前に意志的になされた行為、あるいは、その行為の結果として成立した事態が、発話時現在まで持続していることを表す。 相違点をみると、「前もって」は、「あらかじめ」と比較して、ほぼ同義であるが、「あらかじめ」は相対的にやや改まった丁重な文体に用いられ、「前もって」はややくだけた気楽なところで用いられるという文体的な差が見られる。両語はある事態を予定・想定して、その事態の発生より前に意志的に行われる行為を表すのだが、「前もって」は、「あらかじめ」と比較すると、意図的に対処・用意しておくという意味合いは弱い。また、「前もって」は「あらかじめ」の場合よりもゆるやかな関係の行為にも広く用いられる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.