본문 바로가기
  • Home

무라카미 하루키(村上春樹)의 『스푸트니크의 연인(スプートニクの恋人)』론-‘스미레’와 ‘뮤’의 사랑을 중심으로-

  • 日本硏究
  • 2008, (25), pp.203-220
  • Publisher : The Center for Japanese Studies
  • Research Area : Humanities > Japanese Language and Literature
  • Published : August 20, 2008

LeeJaeSung 1 Hyunjin Oh 1

1중앙대학교

Candidate

ABSTRACT

村上春樹の作品『スプートニクの恋人』は 1999年に発表された中篇小説として、春樹文学の特徴中の一つである<二つの世界>を直接的に見せてくれる作品だと言える。  作品の中に登場する私‘僕’は以前までの春樹文学の中に現われた主人公ではない作品を展開させて行く話し手に登場している。作品の中で重要な人物は愛に落ちる二人の女性人物である‘ミュウ’と‘スミレ’と見られる。二人の女性は一般的な男女の愛ではない同性の間の愛に落ちるようになってこの研究はその愛を同性愛で定義する。14年前に経験した‘喪失感’は二人がお互いに愛に落ちるようになるきっかけと作用する。   またお母さんを早い失った‘スミレ’は‘ミュウ’に母みたいな感情を感じて、‘ミュウ’も 14年前の事で性関係をできなくて子供はいないが妙な母性愛を感じるようになるのだ。  お互いに対する感情は一般的な愛で心に刻んでおくことができないし、今後とも見た研究にもっと心血を傾けて研究しようとする。そうするために二人の女性人物の細細しい研究と話し手である‘僕’の研究も非常に重要だと考えられるところだ。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.