본문 바로가기
  • Home

The Aspect of the Sexual Addiction to Female bodies in Yasunari Kawabata’s Literature

  • 日本硏究
  • 2009, (26), pp.261-282
  • Publisher : The Center for Japanese Studies
  • Research Area : Humanities > Japanese Language and Literature
  • Published : February 20, 2009

LeeJaeSung 1

1중앙대학교

Candidate

ABSTRACT

川端康成の小説のなかには「末期の眼」という言葉で代弁される透徹した美的感受性と、感覚の論理に従って動く極めて主観的な視線が底辺に敷かれており、その視野に入る女性たちは、そのような視線のプリズムによって屈折された像に抽象化して描かれる傾向が強い。 彼は、人間も動物も植物もみな同じに天地万物の間を流動するいのちのの一つの現象に過ぎないという「万物一如」「輪廻転生」思想の気持から自然を凝視し、また、その自然の一部としての人間を、特に女性と彼女たちにからだを凝視しようとした。彼の眼に映る自然が、不思議に美しく、儚く、しかも風景と人物とが渾然一体となって訴えてくる場合が少なくないのはそのためである。 そして、川端は女性美として清潔と純粋のイメージを執拗に追求しており、この「純粋な処女性による浄化と救済という公式は、彼の作品のいたるところから見いだすことができる。 そして、川端が追求した女性像のもう一つの著しい特徴は、母性への憧れであり、エロチックに見える女性でさえも、その本質においては皆共通して母性的な要素が多分に含まれている。彼女たちは皆「根元的な女の性」から分裂されて顕れた存在たちであり、本質的には、性の根元から引き出された「女」それ自体である。そのような意味では一種の分身とも言える。 川端の小説のなかに處女崇拜と母性崇拜が共存する理由は、彼女たちが別の人格体でなくて同じ一つから分かれ出た分身に過ぎないからであり、これもやはり川端自身が作品のなかで「萬物一如」の世界観を具現しようと意図した結果であろう。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.