본문 바로가기
  • Home

『日本靈異記』의 '孝'관련설화 고찰

  • 日本硏究
  • 2012, (32), pp.273-292
  • Publisher : The Center for Japanese Studies
  • Research Area : Humanities > Japanese Language and Literature
  • Published : February 20, 2012

김정미 1

1세명대학교

Accredited

ABSTRACT

『日本靈異記』の孝說話は‘孝’が血緣の情をはるかに越え、人間的な道理の側面があるということをいまだに自覺していなかった民衆に親子の間の道理を再認識させるきっかけとなったといえる。そして孝の具體的な實踐方法は饑餓、死、債務辨濟、兵役など日常生活のすべてにわたる多樣な狀況でも因果應報の法則を適用させ、聽衆に佛心を通しての供養を强調している。また孝說話には非倫理的な行爲による慘酷な應報の實狀を細密に描き、不孝がもたらす結果に恐怖心を觸發させ、因果應報の原理を自然に人々に自覺させている。だから編者の景戒は『日本靈異記』の他の說話と同じように、孝說話でも仏法擴散のための敎化目的を特に强調しているのを否定できないと思われる。また、化牛談に登場する僧侶の役割も神話的な要素を包んだ古代傳承のほどではないが、說話の構成要素に傳承的な要素を巧妙に裝置して固有信仰と佛敎の融合を自然に導いている。すなわち古代傳承に登場する異人が僧侶に脚色されて輪廻の實狀と因果應報の現像を證明する擔當者に配置させている。また、佛敎的な孝の實踐の重要性を强調するため、血緣と無關な第3者の善行を包んだ惻隱至心の實踐を通じて實生活の細かい部分まで佛供を通した孝の實踐の具體的な方法を述べている。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.