본문 바로가기
  • Home

일본 그린투어리즘의 전략과 실제

유기준 1

1공주대학교

Accredited

ABSTRACT

グリーンツーリズムは、現代人のウェルビーング(well-being)と自然体験の欲求増加と、高齢化、過疎化、第一次産業の衰退など、様々な課題を負っている農山漁村地域の問題の解決に向けた一つの方法として擡頭された体験型観光行動と言える。 このような状況の中で日本のグリーンツーリズムは、農山漁村だけが主体になるのではなく、都市と農山漁村がお互いの必要による自発的交流といった新たなライフスタイルの普及という観点での、都市と農山漁村が連携して共生と交流という行動の目標を達成するための協同的な性格が強い。  このような目標を進めていくために、農山漁村の多様な情報を効果的に提供するための色々な施策の実施、特に子ども向けの農山漁村交流プロジェクトの実施、大都市圈における農山漁村地域民との出会いの場の設定など、都市住民が持っているグリーンツーリズムに対する潜在的ニーズを具体的な行動に結び付けている。また、グリーンツーリズムに携わっている人材の育成のためのテーマ別研修会と教育を行っている。農山漁村では<農村漁家民宿おかあさん100選>の制度などを活用して、農家民宿の経営と地域の活性化に成功した女性が農家民宿の経営の内容や活動実績を紹介するネットワークを構築するなど、農家民宿の品質を維持、向上させるための多様な努力を傾けている。 このような日本のグリーンツーリズムは地域の特性によって農林漁業体験民宿、都市の学生の修学旅行の誘致、学校などの既存施設の活用、棚田オーナー制度活用、民間交流施設の利用、民間団体の組織活用、ワーキングホリデー制度の活用などのように様々な形で行われている。 日本のグリーンツーリズム政策は農、山、漁村の環境が似ている韓国に与える示唆も少なくない。韓·日グリーンツーリズムの比較研究は今後行われるべき課題と言えよう。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.