본문 바로가기
  • Home

재일한인의 민족정체성(Ethnic Identity) 유형에 관한 사례연구

Youngeon Yim 1

1전남대학교

Accredited

ABSTRACT

 本研究の目的は従来の在日コリアンの民族アイデンティティの危機意識に重点をおくよりはグローバル時代に在日コリアンの民族アイデンティティそのものがどのように変化してきたかを分析することである。民族アイデンティティの変化の背景にあるのは、日本の同化政策もあるが、1980年まで日本における在日コリアンの日本国籍の取得は彼らの経済事情や政治思想などが考慮対象だったので相当難しかったが、1980年代後半になると多様な国から入国する外国人が増え、日本の多民族多文化社会の到来によって帰化への制度的な装置が緩和されたことにある。  本研究の面接調査の対象は年齢と職業、居住地が多様な35人の在日コリアン男女で構成されている。 本研究の調査結果によれば、日本国籍を取得している在日コリアンは従来彼らが主張していた在日コリアンの亜流ではなく、彼らの独自的なアイデンティティと世界観を構築していることがわかった。具体的に在日コリアンの民族アイデンティティの主な変化は三つが考えられる。第一に、超国家的なグローバル時代を迎えて日本社会内における就職や成功という個人志向型から海外とのネットワークを重視するグローバル志向型に変わってきている。第二に、在日コリアン1世代の帰国志向型から同胞間のネットワークを重視する同胞志向型に変わっている。第三に、過去日本国籍を取得して日本人化を目指す帰化志向型から独自的な民族アイデンティティの構築を目指す独自志向型の出現である。  本研究の示唆点は日本の多民族多文化社会の到来とその影響によるアイデンティティの多様化と在日コリアンの民族アイデンティティの変化が日本社会の変化と密接に関連していることである。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.