본문 바로가기
  • Home

명사구에 있어서 「の」의 유무에 따른 의미 변화

전성용 1

1청주대학교

Accredited

ABSTRACT

この論文は、「名詞+の+名詞」という名詞句において、助詞「の」の有無によって表わされるその意味の変化を、日本の作品の中に実際に使われている例に基づいて調べたものである。「名詞+の+名詞」という形を仮に「A+の+B」とすれば、「A+の+B」は、現代日本語において、「AB」という形にできないものや、「AB」という形にできても「AB」の表す意味合いが「A+の+B」の意味合いと同じであるもの、「A+の+B」の意味合いとは異なるものなど様々である。さらに、「A+の+B」という形が二つの単語の組み合わせではなく、一つの単語である場合もある。ところで、「A+の+B」という形が「AB」の形になる場合、どんな場合に「A+の+B」と「AB」の意味合いが同じであり、どんな場合に「A+の+B」と「AB」の意味合いが異なるかについて、その特徴を明らかにしなければならないのだが、このことは今後の研究にまわし、今は様々な現象を指摘するに止まりたい。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.