본문 바로가기
  • Home

通信使의 새로운 시각

정장식 1

1청주대학교

Accredited

ABSTRACT

 朝鮮は、開國初から日本に關心と警戒を緩めなかったが、倭亂の惨憺たる兵禍の後、結局は倂呑を免れなかった。その原因は、日本を正しく評価しなかったことにあると厳しい反省の声がある。朝鮮が日本に派遣した通信使は、日本を偵探する目的で派遣した公式の「諜者」であったが、その觀察には前代からの根深い先入観と恐怖心を持っていた。その先入観は文化的な優越感に變質された。たまには、通信使が日本の進んだ文物や制度を紹介もしたが、朝鮮はこれを受け入れで民生の福利厚生に利用することには躍起にならなかった。1764年の正使趙曮と書記元重擧の日本觀察は、新鮮な視角であった。正使と書記は、使行での多くの問題は朝鮮側にあり、日本人の心は優しく、野蛮ではないと認識した。それで、日本を新しい視角で観察して、使行員は私心を捨て、秩序を守って交流すべきたと提案した。このような視角は、當時の朝鮮社會で起こっていた實事求是の學風で、このような日本見聞は 實學者にも影響を及ぼし、その後の日本硏究に新鮮な刺激と数多い情報を提供した。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.