본문 바로가기
  • Home

일본IT기업에 취업하기 위한 접근법 고찰 -사례 중심으로 방법론적인 고찰-

전유선 1

1한밭대학교

Accredited

ABSTRACT

国内で日本語の専攻者や日本語を学ぶ学生たちは国内で必要だから勉強する場合もあるが、学生たちの立場ではできるだけ学んだことを日本で実際に使いたがっている. また、足りない部分を日本で生活しながら勉強すれば役に立つと思う. これを実現するために現場で教えながら体系的な方法論的に近付いて考えてみた. 上記で述べた部分を満足させるのが海外就業研修である. 海外就業研修と言うのは就業されていない若者の海外就業を支援するために研修をして、海外に就業させることである. 人手の移動とサービス市場の開放に備え、国の技術とサービスの人手等の対外の競争力を高めるためである. 2001年から公共の海外就業の業務を韓国産業人力公団でしていて、2004年から組職を新設して事業を拡大した. また、2008年政府の国政課題で 「グローバル青年リーダー 10万人の養成」計画を選定して海外就業者を 5年間 5万人に拡大することにした. だから、本稿では日本IT就業の業種特性にしたがって履歴書、自己紹介、面接の特徴と指導の方法を調べてみた. このような日本IT就業教育の過程を成功的に導くために影響を及ぼす原因は様々である. その中でも履歴書と自己紹介の作成が成功的な就業のために大事である. その次は履歴書と自己紹介を基づいて、インタビューの質問と返事を完璧に覚えて自然に話せるようにしなければならない. 今まで述べたことは研修生の自分が努力しなければならない. また、直·間接的な原因である教育生の数、教育の時間、教育に参加する理由、先行学習の経験、教育現場で活用される教授の戦略、教育課程の統制類型、教育生に提供されるフィードバック等を教育機関と教育の担当者と教育生が三位一体になるのが重要なことである. 上記のような教育に必ず必要な多くの原因を解決してあげて環境を造成してあげれば教育の成果と就業率を高めることができる. しかし、これに対する接近はあくまでも海外就業研修を現場で教育をして来た本人の観点なのである.

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.