본문 바로가기
  • Home

일본어「의뢰」표현에 대한 화용론적 고찰

kim Jong Ah 1

1동남보건대학교

Accredited

ABSTRACT

「依頼」表現は話し手にとって利益に繋がることを聞き手に実現させようと働きかける表現である。日本語において依頼表現は専用の言語形式を持たず、ある言語形式が一定の条件の下で「依頼」の意味を表す場合が多い。こうした「依頼」表現は話し手にとっては利益に繋がるが、聞き手にとっては負担になりかねないため、その使用場面において聞き手への適切な配慮が必要とされる。これは円滑な人間関係を維持するためにも重要である。そこで本稿では日本語の「依頼」表現を中心に語用論的な観点から分析し考察した。日本の小説から「依頼」の意味を表す表現を採集し、オーステインとサールの発話理論を基に「依頼」の使用条件について分析した。そして、その表現の相違点についてはグライスの「協調の原理」とリーチの「丁寧の原理」に基づいて同じ意味内容を持つ表現がどのような言外的な意味を持つのかについて考察した。これからは発話場面において相互主義的な観点からの研究が必要であり、文法を中心とした日本語の教育を変えて場面にあった適切な形式を教育させて行くべきでだと思う。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.