본문 바로가기
  • Home

오하구로(お歯黒)에 관한 연구

Kim, Hyunjung 1

1한국전통문화학교

Accredited

ABSTRACT

お歯黒とは白い歯が美しいと思われている現代の美意識とは反対の、歯を黒く染めてそれを美しいものと考える日本の伝統的な風習である。このようなお歯黒は中国とか韓国では流行ったことのない日本独特の化粧の方法である。お歯黒は日本では古代からはじまって明治時代の初期まで日常生活の中に完全に定着して行われていたが、このような風習がいつから始まったのか正確には知られていない。ただ日本では平安時代頃には日常に完全に定着していたことが様々な文献から確認できる。平安時代には貴族を中心に、女だけではなく男も歯を黒く染めていた。さらに、平安時代からは女性の重要な嫁入り道具の一つとして定着して、江戸時代までこのような風習が続くようになる。平安時代までは貴族が中心であったが、室町時代からはだんだん庶民の間でも行われるようになった。江戸時代になると、貴族以外の男はお歯黒をしなくなり、女の場合も結婚した女性と大都市の遊女などがお歯黒をつけるようになった。また、前の時代までは8歳前後にお歯黒をつけていたが、江戸時代からはだんだん13歳、17歳とお歯黒を始める年齢が高くなっていく。以後お歯黒は民間では明治時代まで見られるが、明治時代になって外国との交渉が活発になるにつけて外国人の目からお歯黒が野蛮な風習であるという認識があった。そのような認識に驚いた日本の政府がお歯黒の禁止令を出して、以後だんだん民間でもお歯黒をしなくなり、大正時代にはお歯黒もほぼ完全になくなってしまう。日本ではこのような過程を経てお歯黒という千年以上も続いてきた長い伝統の風習がなくなり、西洋と同じように黒い歯は醜く、白い歯が美しいという美意識に完全に変わるようになったのである。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.