본문 바로가기
  • Home

모리 레이코의 『삼채의 여자』론 - 조선 여인 오타 줄리아를 중심으로 -

Hyunok Park 1

1목포대학교

Accredited

ABSTRACT

本稿では、森礼子の『三彩の女』において朝鮮女人であるおたあ‧ジュリアのモチーフが日本の現代の文学の中でどのように形象化されているのかについて考察した。作品の分析は、おたあ‧ジュリアの生涯を中心に三つの視点から試みた。第一番目は、秀蘭(=おたあ‧ジュリア)の視線を通して壬辰倭亂の時、日本へ連れられた陶工たちの行き方を、二番目は、秀蘭が日本へ連れられてからキリシタンになって行く過程について焦点を合わせてみた。三番目は、秀蘭(=おたあ‧ジュリア)がキリシタンになってからの姿について「銀粧刀」のキーワードを通して考察した。『三彩の女』は、壬辰倭亂の歴史的な背景を基づいて、おたあ‧ジュリアのモチーフを通して、その当時、日本へ連れられた陶工たちの生を浮彫りにしているし、彼らが共同体を形成して生きていた波佐見村を紹介しているところに大きな意味のある作品と言えるのである。なぜなら、波佐見村は、韓国だけではなく、日本でもあまり知られてなかったのですが、この作品を通して朝鮮の陶工たちをはじめ、その地域を知らせるきっかけになったからである。 そして、おたあ‧ジュリアの信仰の形成過程は、日本から出会った切支丹であるマリアをはじめ、様々な人物の関係を通して彼女の波乱万丈な人生が描かれている。それに、このようなおたあ‧ジュリアの姿は、日本の切支丹であるマリアと宗義智と日本の歴史から抹殺された小西行長の人生も浮彫りにする役割も果たしている。『三彩の女』に描かれたおたあ‧ジュリアは、激変する時代の流れの中で、いかなる試練にも屈服しないの朝鮮女人のイメージとして表れている。このような、朝鮮女人の表象は、母の「銀粧刀」を通して、キリシタンとしての節義が強調されている。 『三彩の女』は、おたあ‧ジュリアのモチーフを中心にし、彼女の人生だけではなく、文禄·慶長の役の時、日本へ連れられた陶工の人生をはじめ、日本切支丹の人生まで、様々の視点から照らし合わせているので、韓·日の両国においても意義の作品であると考えられる。

Citation status

* References for papers published after 2022 are currently being built.

This paper was written with support from the National Research Foundation of Korea.